第19回メディアリテラシー教育研究会(開催終了)

第9回発達障害就労支援研究会・第19回メディアリテラシー教育研究会
 「発達障害のメディアでの報道について
           ~報道がどう発達障害を考えているか~」

主 催:就労支援推進ネットワーク
     発達障害児支援アカンパニスト
     日本メディアリテラシー教育推進機構
     特定非営利活動法人 企業教育研究会

 2007年度は「特別支援教育元年」と呼ばれ、 学校教育法等の一部が改正さ
れました。2008年度以降も様々な取り組みが、学校現場にて実施されています。
「発達障害」という言葉も、普通に使われ始めたと言えると思います。

 その反面、「発達障害」が報道で取り上げられた場合、メディアによって異
なることも少なくありません。テレビや新聞などのメディアの影響が大きいこ
とは周知の事実であり、発達障害をどうメディアが取り上げるかは、発達障害
の当事者はもちろん、保護者・支援者にも大きく影響してきます。

 そこで、『発達障害とメディア』の著者でもあり、障害者の支援を長く行っ
ている、野沢和弘さんにお越しいただき、お話を伺います。野沢さんには、
参加者全員が、「報道がどう発達障害を考えているか」を考えられるよう、発
達障害のメディアでの報道についてお話をしていただきます。

 ぜひ、子どもたちの学習・就労支援のために、保護者の方、学校関係者の方、
福祉施設の方、企業の方など、あらゆる分野の方のご参加をお待ちしておりま
す。また、メディアを研究されている方にも、改めて報道ぼ影響力を知る機会
かと思います。

 皆様のご参加をお待ちいたしております。

■日時:2009年12月19日(土)14:00~16:50(受付13:45~)

 14:00-14:10 主催者挨拶・講師紹介
 14:10-14:30 参加者自己紹介
        (参加者は多い場合には、省略させていただきます)
 14:30-15:30 講演
 15:30-15:45 休憩(名刺交換など)
 15:45-16:10 質疑応答
 16:10-16:40 参加者のフリートーク
 16:40-16:50 まとめ
        *終了後、懇親会を行う予定です。

■場所:大田区産業プラザ PiO C会議室
     京急蒲田駅東口より徒歩3分
     JR蒲田駅東口より徒歩13分
     http://www.pio-ota.jp/plaza/map.html

■テーマ:「発達障害のメディアでの報道について
               ~報道がどう発達障害を考えているか~」

●講 師:野沢和弘(のざわかずひろ)さん

 毎日新聞論説委員

 1959年10月 静岡県熱海市に生まれる
 1983年 3月 早稲田大学法学部卒業
 1983年 3月 毎日新聞社入社、津支局へ赴任
 1986年 4月 中部本社報道部(名古屋)
 1992年 4月 東京本社社会部
        厚生省担当、薬害エイズ取材班、児童虐待取材班キャップなど
 2002年 4月 同科学環境部副部長
 2004年 4月 社会部副部長
 2007年 4月 夕刊編集部長
 2009年 4月から現職

 元千葉県障害者差別をなくす研究会座長
 
 《著書》『条例のある街』(ぶどう社)
     『わかりやすさの本質』(生活人新書/NHK出版)
     『なぜ人は虐待するのか』(Sプランニング)
 《共著》『発達障害とメディア』(現代人文社)
     『シカゴの夜から六本木の朝まで』(Sプランニング)
     『もう施設には帰らない』
     『もう施設には帰らない-2』
     『殺さないで~児童虐待という犯罪』(いずれも中央法規)
     『薬害エイズ~奪われた未来』
     『福祉を食う~虐待される障害者たち』(毎日新聞社)など

●進 行:小林浩一(就労支援推進ネットワーク 理事長)

■定 員:50名(定員になり次第締め切ります)

■参加費:1,000円 *当日お支払いください。

Comments are closed.

 

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン