第31回メディアリテラシー教育研究会(開催終了)

本研究会は終了いたしました。

第31回メディアリテラシー教育研究会

 不登校児童の数が増加したり、自殺者が年間3万にを超えることから分かる
ように、日本では生きづらさを感じている人が、大人、子ども問わず沢山いま
す。そういった様子は、メディアを通じて報道されてはいますが、一面的に捉
えられていることも多く、生きづらさを感じている子どもについての多面的な
理解が進まないという側面もあります。

 しかし、人が抱える生きづらさについて理解をしておくことは、学校や会社
などの集団生活を送る場合には不可欠です。そこで、今回は、若者のいきづら
さについての取材を行い、自殺、自傷やインターネットコミュニケーションに
ついての情報を発信しているフリーラーターの渋井哲也さんをお呼びし、若者
の生きづらさについて、取材の事例を交えてお話し頂きます。

 多様な立場からのご参加をお待ちしております。

 <渋井哲也さんプロフィール>
 フリーライター。長野日報社を98年に退社し現在に至る。

 主に若者の生きづらさ、自殺、自傷、虐待、依存、インターネットコミュニ
 ケーションについて取材をしている。「被災地復興支援プロジェクト」の1
 人のライターとして、「3.11 絆メッセージ」(東京書店)にかかわる。
 ほか、「自殺を防ぐためのいくつかの手がかり 未遂者の声と対策の現場か
 ら」「若者たちはなぜ自殺するのか」「ケータイ・ネットを駆使する子ども、
 不安な大人―肥大化するインターネット。コミュニケーション装置としての
 功罪 」など多数。

 JPNews、キャフー、電経新聞、ニュースカフェで連載を手がけ、有料メルマ
 ガ( http://twurl.nl/0s2vrv)も配信するなど、精力的に情報発信を続けて
 いる。

★情報保障★
 渋井哲也さんの講演(60分間)では、特定非営利活動法人長野サマライズ・
 センター・ソフトバンクモバイル株式会社・筑波技術大学にご協力をいただ
 き、『モバイル型遠隔情報保障システム』による情報保障を行います。
 ご参加されるかたは、ぜひ、ノートパソコン、iphone、ipad等をご持参いた
 だき、上記システムをご体験ください。

 『モバイル型遠隔情報保障システム』
  http://www.tsukuba-tech.ac.jp/ce/mobile1/index.html

<概要>
 1.主催:日本メディアリテラシー教育推進機構
    特定非営利活動法人 企業教育研究会
 2.協力:特定非営利活動法人長野サマライズ・センター(情報保障)
     ソフトバンクモバイル株式会社(機器協力)
     筑波技術大学(機材協力)
 3.日程:2011年7月23日(土)
 4.時間:14:00~17:00(受付13:45より)
 5.会場:港区立御成門中学校      
 6.参加費:1,000円(大学生以下無料)

<日程>  
 14:00〜14:15 開会&趣旨説明
 14:15〜14:30 参加者自己紹介
 14:30〜15:30 「生きづらさを取材すること」
 15:30〜15:40 休憩
 15:40〜17:00 質疑応答

●お申込み
 下記のHPよりお申し込みください。
  http://ace-npo.org/study/2011/20110723.html

※震災の影響で急遽中止とさせていただく場合がございます。
 その場合には、HPおよびtwitterでご連絡させていただきます。

 NPO法人企業教育研究会
HP
   http://ace-npo.org/
  twitter
   http://twitter.com/ace_npo

 日本メディアリテラシー教育推進機構
  HP
   http://jmec01.org/
  twitter
   http://twitter.com/jmec01

【本研究会の問い合わせ】
   特定非営利活動法人企業教育研究会(担当:福嶋)
     メール  info@ace-npo.org

Comments are closed.

 

2017年6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン