メディアリテラシー教育研究会2011年度活動目標

 東日本大震災で被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。また、尊い命を失われた方々のご冥福を心よりお祈りしています。

 メディアを主体的に読み解き活用する能力としてのメディアリテラシーを育てることは、高度情報社会である現代において大変重要な課題です。テレビや新聞といったマスメディアからの情報を吟味する力をつけるとともに、テレビゲームやインターネット といった比較的新しいメディアについて特色を理解し適切につきあえるようにすることが、急務となっています。
 私たちは、2000年3月、教育研究団体「授業づくりネットワーク」の中に、「メディアリテラシー教育研究会」を発足させ、メディアリテラシー教育の授業づくりに取り組んできました。そして、メディアリテラシー教育研究会は授業づくりネットワークから分離独立して、 「日本メディアリテラシー教育推進機構」(略称JMEC=ジェイメック)となって以降も、隔月で研究会を開催してきました。

 JMECは、これまでのメディアリテラシー教育研究会の活動成果を継承し、北海道、千葉、愛知の地方組織と連携しながら、メディアリテラシー教育 の研究開発や推進につとめてまいります。昨年度までは、発達障害とメディアの関係について研究会を多数開催し、発達障害とメディアの関係についての知見を集積してきましたが、今年度は、中・高生におけるインターネットの積極的利用と、メディアリテラシーと健康問題の2点をテーマの中心として、研究会を開催していきたいと考えています。また、昨年度までは隔月で開催してきましたが、今年度は毎月開催(8月、12月は休会)し、より多くの研究の機会を設け、メディアリテラシー教育の推進に一層積極的に取り組んでいきたいと考えております。

 今年度も、どうぞよろしくお願いいたします。

Comments are closed.

 

2017年6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン